Gmailを独自ドメインのメールアドレスで利用

GoogleAppsは独自ドメインのメールアドレスを取得・運用が可能な非常にすばらしいクラウドサービスです。


[重要なお知らせ]
GoogleApps無償版の新規申込が終了致しました。既存ユーザーは引き続き無料で利用出来ますのでご安心ください。
GoogleAppsの代替としてドメインメールが無償利用出来たMicrosoftのHotmail(LiveAdminCenter)も2014年新規登録出来なくなり有償となりました。
今後はApps for Businessを有償にてご利用ください。特に商用利用の方は価値はあると思います。

GMAILで送受信したメールをAppsの独自ドメインアカウントへ移行

今までGmailで運用してきて、独自ドメインに移行される方も多いでしょう。

その場合、いくつかの方法があるので、最も合っていると思う方法を選択してください。
1)GMAILをPOP受信
GoogleAppsアカウントで、旧GMAILをアカウント追加できます。
この場合、一つのGoogleAppsアカウントにログインすれば、独自ドメインのメールも旧GMAILのメールも両方送受信出来ます。
参考)別のメールアカウントをPOP受信
2)GMAILをGoogleAppsに転送
GoogleAppsに完全移行し、今後はGMAILのアドレスでは受信はするが送信はしないと言う方は、この転送設定でもOKでしょう。
3)GMAILとGoogleAppsを併用
OutlookやThunderbird等のメールソフトでは複数のアカウントが管理出来るので、今までGMAILをメールソフトで利用してきた方は「アカウントの追加」で新しいGoogleAppsのアカウントを追加してあげてください。
参考)GoogleAppsメールの送受信方法(PC-メールソフト編)

ウェブメールでは、同じブラウザ内でGMAILとGoogleAppsの2つのアカウントを同時にログインできるようになりました。
画面切替の手間はありますが、この方法では今まで通りの環境を2本立てで運用するイメージです。


上記1)や2)のように、今後はGoogleAppsのアカウントを中心に運用したい方は、今までラベル付け等をして整理してきたGmailの内容を新しいAppsのアカウントへ移行できるか心配な方もいらっしゃるのではないかと思います。

私もGoogleApps利用前はGMAILを個人用のメインアドレスとして使ってきたのですが、GMAILを利用し続けるか完全に移行するか悩んだ末、過去の送受信データはGMAILからAPPSに移行するが、GMAILアカウントは残す(AppsからPop受信)運用にしました。

(もちろんGoogleAppsから別ドメインのAppsアカウントや同ドメイン別アカウントのGoogleAppsへの引越や、IMAPが使えるメールサービス同士なら全てこの方法が使えます)

データ(過去に送受信したメール)の移行も、ラベルの引き継ぎもフィルタの移行も問題なく可能です。

もし、ラベルの引き継ぎの必要がない場合はPOPアドレスの追加によるデータ取り込みの方が簡単です。

IMAPによるコピー&ペースト(ラベルも移行したい方)

Thunderbird等のIMAP対応のメールブラウザを用いて、一つのラベル内のメールを全て新しいAppsアカウントのラベルへコピーする方法です。