Gmailを独自ドメインのメールアドレスで利用

GoogleAppsは独自ドメインのメールアドレスを取得・運用が可能な非常にすばらしいクラウドサービスです。


[重要なお知らせ]
GoogleApps無償版の新規申込が終了致しました。既存ユーザーは引き続き無料で利用出来ますのでご安心ください。
GoogleAppsの代替としてドメインメールが無償利用出来たMicrosoftのHotmail(LiveAdminCenter)も2014年新規登録出来なくなり有償となりました。
今後はApps for Businessを有償にてご利用ください。特に商用利用の方は価値はあると思います。

ドメインの移管

バリュードメインでドメインを取得した場合はこの手続きは不要です。

DNS設定が出来ないリンククラブや自社内でしか設定出来ないムームードメインでドメインを取得した場合はバリュードメイン等へドメインの管理を移管しないとGoogleAppsの設定が出来ません。
<※>ドメインの移管とは、取得済みのドメインを取得・管理している会社を変更することで、ドメインの所有等には影響ありません。
(注意)なお、ドメイン移管出来るトップレベルドメインは限られます(=移管出来ないトップレベルドメインがある)ので、必ずご確認ください。

DDNSを利用してDNS設定することも可能ですが、移管自体はそれほど難しいものでなく、数日で完了し以降のメンテ・更新なども楽なので、バリュードメインに引っ越ししておくことをお薦めします。

移管手続きは下記の通りとなります。
ドメイン契約期間の確認
有効期間が短すぎると移管できません。その場合は1年更新してから移管申請してください。
Whois登録情報の確認・修正
Whoisに登録してあるメールアドレス宛に移管承認のためのメールが届くので、ご自身に届くメールアドレスに変更します。
バリュードメインユーザ登録
移管先のValue-Domainにユーザ登録します
移管先のバリュードメインに 1 年分のドメイン更新料を送金
更新料を入金します。
認証コード(Authcode)取得
移管元でドメイン移管に必要な認証コードを取得します
バリュードメインで移管申請
バリュードメイン側で移管申請をします。
移管確認メールの移管承認
確認メールが届くので、移管の承認をして手続きは終了。
以上で、数日内には移管完了のお知らせが届きます。

手続きの詳細な解説はムームードメインからバリュードメインへ移管をご参照ください。

移管完了後、バリュードメインでDNS設定