Gmailを独自ドメインのメールアドレスで利用

GoogleAppsは独自ドメインのメールアドレスを取得・運用が可能な非常にすばらしいクラウドサービスです。


«前ページ || 1 || 次ページ»
[重要なお知らせ]
GoogleApps無償版の新規申込が終了致しました。既存ユーザーは引き続き無料で利用出来ますのでご安心ください。
GoogleAppsの代替としてドメインメールが無償利用出来たMicrosoftのHotmail(LiveAdminCenter)も2014年新規登録出来なくなり有償となりました。
今後はApps for Businessを有償にてご利用ください。特に商用利用の方は価値はあると思います。

GoogleAppsとは

GoogleApps(グーグルアップス)とは、Googleが提供するクラウドサービスで、メール・スケジュール管理・文書作成・サイトなどのサービスがパックになったグループウェアの一種で、独自ドメインでの運用が可能です。

GoogleAppsで使えるサービス

GoogleApps
GMAIL
機能的で強力なメールサービス
Googleカレンダー
スケジュール管理機能
個人でPCやスマートフォン等と同期するのはもちろん便利ですが、グループで共有すると会議の開催日程調整など非常に便利です。
Googleグループ
メンバ同士がWEB上でディスカッションしながら共同作業が出来ます
Googleサイト
WEBサイトを作成できます。非公開ページも作成出来るので、外向けのサイトだけでなく、クラウドとして利用しグループ内での情報共有に便利です。
Googleトーク
チャット機能。メンバ同士で音声やインスタント メッセージをやりとり出来ます。
Googleドキュメント
WordやExcelと互換性のあるドキュメントをWEB上で共有できます。
Googleビデオ
動画共有ができます。
これらのサービスが互いに連携しているため、大変使い勝手の良いサービスとなっています。
GoogleAppsはウェブアプリケーションと呼ばれるWEB上のソフトなので、インターネットにつながる環境であれば、どこからでも利用出来ます。

これだけ便利なサービスが「無料」で利用出来るので、「広告表示」が沢山出るのではと心配される方もいらっしゃるでしょう。
ところが、Yahoo!メールやMicrosoft Hotmailのようなメール本文への広告挿入もなく、WEBメール時にそれほど気にならない大きさの広告欄が表示されるだけで、OutlookやThunderbirdなどのメールソフトを利用すると全く広告に触れることはありません。

(※)2011年よりGoogleアカウントで扱えるほとんどのサービスが、GooglaAppsのアカウントでの運用が出来るようになりました。



» 続きはこちら>GoogleAppsとはを全て読む



[重要なお知らせ]
GoogleApps無償版の新規申込が終了致しました。既存ユーザーは引き続き無料で利用出来ますのでご安心ください。
GoogleAppsの代替としてドメインメールが無償利用出来たMicrosoftのHotmail(LiveAdminCenter)も2014年新規登録出来なくなり有償となりました。
今後はApps for Businessを有償にてご利用ください。特に商用利用の方は価値はあると思います。

Gmailとは

Gmailは検索エンジン最大手のGoogleが提供する無料のウェブメール サービスで下記のような、優れた機能が全て無料で使えることで有名です。
  • 10GBを越える大容量」(2009.12現在)
  • 迷惑メールに非常に強い
  • 携帯電話やiPhone・iPad・Androidなどのスマートフォン・携帯端末からもアクセス
  • 便利なラベル機能
  • 条件による転送や自動返信など柔軟なフィルタ機能
  • Yahooは有料で、msnHotmail(liveメール)は無料で独自ドメインを利用出来るが、GMAILが圧倒的に早く、使いやすい
  • YahooメールやHotmailではメール本文内に広告が挿入されるが、GoogleApps(GMAIL)はメール内に広告は挿入されません。
  • YahooメールやHotmail(msnliveメール)ではサービス等の広告メールが届くが、Googleからは仕様等の変更に関するお知らせ以外届かない。
  • POP受信に比べ、何処からでもどの端末からも常にメールサーバーと同期出来るIMAPが超絶便利。
  • WEBメールで利用しても、「Outlook」や「Thunderbird」「Windows Live Essentials(Mail)」などのメールソフトでの利用もOK。もちろんOSはWindows7、Vista、XP、WindowsME、Windows2000、MacOSX、Linuxなどどれでもご利用頂けます。
(参考)Gmail を使う 10 の理由
使ってみるとお解りになると思いますが、Yahoo!mailやmsn hotmail、goo mail、infoseek mail、エキサイトメールなど他のフリーメールサービスに比べても圧倒的な容量と使いやすさ・かゆいところに手が届く豊富な機能と安定し快適なスピードを誇る最強のサービスと言えます。
(AOLやmsnはメール容量無制限となったので使ってみてますが、GMAILの容量で十二分ですし、機能的にはGmailの方が圧倒的に高機能でかゆいところに手が届くどころか、そんなことまで出来るのかとGoogle開発陣のこだわりに驚くばかりです。)
また、WEBメールがとても便利なので、出張が多い方や、ネットカフェを頻繁に利用する方にも大変オススメですし、iPhone・iPod・iPadをはじめAndroidなどのスマートフォン、docomo、AU、softbank等のキャリアを問わず各種モバイル対応も万全です。
Googleのサービスなので、メール内の検索機能も強力で早いので、Outlookなどメールソフトで利用するだけでなく、受信後もGmailにデータを残し、バックアップ・データストレージ(保管庫)としての利用もとても簡単に出来て便利です。
10GB以上あるので、もういちいちメールを削除する必要がないのです。(削除しないでこそGMAILの検索の強さが生かされます。)

レンタルサーバーを借りてメールアカウントを作成しても、ここまでの自由度はありません。専用サーバを借りたり、自宅サーバーで運用しない限り、GMAILを超える機能的なメールサーバーはありません。


さらに、GoogleAppsと言われる小規模ビジネスや家族・グループから教育機関・企業なども使えるパッケージ(メール・カレンダー・チャット・WEBページ・ドキュメントの共有など)の一つになっており、このGoogleAppsは無料で独自ドメインの利用が出来るのです。(ドメインは自分で取得する必要があります)

» 続きはこちら>Gmailとはを全て読む



[重要なお知らせ]
GoogleApps無償版の新規申込が終了致しました。既存ユーザーは引き続き無料で利用出来ますのでご安心ください。
GoogleAppsの代替としてドメインメールが無償利用出来たMicrosoftのHotmail(LiveAdminCenter)も2014年新規登録出来なくなり有償となりました。
今後はApps for Businessを有償にてご利用ください。特に商用利用の方は価値はあると思います。

独自ドメインとは

ドメインとはインターネット上でウェブサイトのURL(住所)やメールの宛先に使われる文字列です。
独自ドメイン(オリジナルドメインとか個別ドメイン・マイドメインなどと呼ぶ方もいます)とは、ドメインを独自に取得することで、ホームページアドレスやメールアドレスをそのドメインにより作成することが出来ます。

例えば「example.com」というドメインを取得すれば、
のように設定できるのです。
当サイトのURLはhttp://g-tips.net/です。
このg-tips.netを利用する権利を私が契約しているのです。



» 続きはこちら>独自ドメインとはを全て読む



[重要なお知らせ]
GoogleApps無償版の新規申込が終了致しました。既存ユーザーは引き続き無料で利用出来ますのでご安心ください。
GoogleAppsの代替としてドメインメールが無償利用出来たMicrosoftのHotmail(LiveAdminCenter)も2014年新規登録出来なくなり有償となりました。
今後はApps for Businessを有償にてご利用ください。特に商用利用の方は価値はあると思います。

トップレベルドメイン

トップレベルドメイン(TLD、Top Level Domain)とはドメイン名の最後の「.」(ドット)以降の文字列です。
google.co.jpyahoo.co.jpのトップレベルドメインは「.jp」ドメイン(ドットジェイピードメイン)、twitter.comyoutube.comは「.com」ドメイン(ドットコムドメイン)です。

一般的な「.com」や「.net」、「.jp」だけでなく、他の国のドメインであっても取得可能なものが多いので、「.tv」や「.cc」、「.me」、「.fm」、「.tel」など覚えやすいものを取得するのは、若干価格が高くなりますが文字数が少ない覚えやすいドメインが取得出来るメリットがあります。
国内の有名な企業(アパレルなどの物販サイトや報道出版など情報発信系といった柔らかめの業種が多いです)などもそれらを積極的に利用していますし、私もそのような海外の国のドメインを沢山利用していますが、運用上全く問題無く使えています。
もちろんサーバーは同じGoogleの物を使うので、メールの到着が遅れるなどの事もありません。


» 続きはこちら>トップレベルドメインを全て読む



«前ページ || 1 || 次ページ»