Gmailを独自ドメインのメールアドレスで利用

GoogleAppsは独自ドメインのメールアドレスを取得・運用が可能な非常にすばらしいクラウドサービスです。


[重要なお知らせ]
GoogleApps無償版の新規申込が終了致しました。既存ユーザーは引き続き無料で利用出来ますのでご安心ください。
GoogleAppsの代替としてドメインメールが無償利用出来たMicrosoftのHotmail(LiveAdminCenter)も2014年新規登録出来なくなり有償となりました。
今後はApps for Businessを有償にてご利用ください。特に商用利用の方は価値はあると思います。

メールの送受信方法(PC-WEBメール編)

GoogleAppsおよびGMAILでメールを送受信するには大きく分けて「ブラウザでの利用」と「メールソフトでの利用」の2つの方法があります。
※ブラウザとは インターネット閲覧ソフトのこと。今このサイトを見るために使っているソフトです。
ブラウザでのメール操作をWEBメール(ウェブメール)と呼びます。
※メールソフトとは OutlookExpressやMacOS Mailなどメール専用のソフト


はじめてGoogleAppsやGMAILを利用する方は是非「ブラウザでの利用」を体験してみてください。メールソフトにはメールソフトの機能性や操作性があって便利なことは確かなのですが、GoogleApps・gmailの多様な機能はブラウザからでないと全て利用出来ませんし、どのような機能が利用出来るのかを確認したり、各種設定方法を理解するにも、外出先やモバイルでの送受信のためにも最初はWEBブラウザでの利用になれた方が便利だからです。

ブラウザについて

インターネット閲覧ソフト(=ブラウザ)はInternetExplorerやSafariなど使い慣れたもので結構ですが、GoogleAppsやGMAILを利用するには同じGoogleが開発している「GoogleChrome」がGMAILを便利に使える各種拡張機能があり大変便利でなおかつ操作スピードが早いので、以下GoogleChromeの利用を前提に解説します。可能なら一度Chromeをインストールしてご利用ください。
(法人等の環境でソフトのインストールができない方はそのままの環境でお読みください。)

ログインしてみましょう