Gmailを独自ドメインのメールアドレスで利用

GoogleAppsは独自ドメインのメールアドレスを取得・運用が可能な非常にすばらしいクラウドサービスです。


[重要なお知らせ]
GoogleApps無償版の新規申込が終了致しました。既存ユーザーは引き続き無料で利用出来ますのでご安心ください。
GoogleAppsの代替としてドメインメールが無償利用出来たMicrosoftのHotmail(LiveAdminCenter)も2014年新規登録出来なくなり有償となりました。
今後はApps for Businessを有償にてご利用ください。特に商用利用の方は価値はあると思います。

教育機関にはお得なプランがあります

Google Appsは無料・ビジネス・教育・政府の4つのエディションが選べますが、教育機関向けのGoogle Apps for Educationは無料で全学生にアカウントを作成出来るので、大変お得だと思います。とりわけ小規模な学校ほどITに対する予算が少なく、専門的な管理者も得にくいはずなので導入メリットは大きいでしょう。
ただし、学術研究の内容が全てGoogleに知られてしまうので、日本の国益に直結する内容の研究をしている学校での導入はいかがなものかと個人的には思うのですが。
Googleにその気はなくとも、エシュロン(米国による軍事目的の通信傍受システム)やオバマ政権による「連邦盗聴改正案」等を考えると、目的はテロ抑止等の平和利用だと謳っていても産業スパイが絶対に無いと言い切れるものではないかと。
欧米列強諸国というのは、産業革命・大航海時代から情報の早期取得により外交政策・軍事・産業等で自国に有利な交渉をしてくる国だと言うことを忘れてはいけないと思うのです。
(参考)

家族や小規模ビジネス向けの「無料のGoogle Apps」(スタンダード エディション)
大規模ビジネス向けの「Google Apps for ビジネス」(プレミア エディション有料)
教育機関向けの「エデュケーション エディション」(無料)