Gmailを独自ドメインのメールアドレスで利用

GoogleAppsは独自ドメインのメールアドレスを取得・運用が可能な非常にすばらしいクラウドサービスです。


[重要なお知らせ]
GoogleApps無償版の新規申込が終了致しました。既存ユーザーは引き続き無料で利用出来ますのでご安心ください。
GoogleAppsの代替としてドメインメールが無償利用出来たMicrosoftのHotmail(LiveAdminCenter)も2014年新規登録出来なくなり有償となりました。
今後はApps for Businessを有償にてご利用ください。特に商用利用の方は価値はあると思います。

GoogleAppsとは

GoogleApps(グーグルアップス)とは、Googleが提供するクラウドサービスで、メール・スケジュール管理・文書作成・サイトなどのサービスがパックになったグループウェアの一種で、独自ドメインでの運用が可能です。

GoogleAppsで使えるサービス

GoogleApps
GMAIL
機能的で強力なメールサービス
Googleカレンダー
スケジュール管理機能
個人でPCやスマートフォン等と同期するのはもちろん便利ですが、グループで共有すると会議の開催日程調整など非常に便利です。
Googleグループ
メンバ同士がWEB上でディスカッションしながら共同作業が出来ます
Googleサイト
WEBサイトを作成できます。非公開ページも作成出来るので、外向けのサイトだけでなく、クラウドとして利用しグループ内での情報共有に便利です。
Googleトーク
チャット機能。メンバ同士で音声やインスタント メッセージをやりとり出来ます。
Googleドキュメント
WordやExcelと互換性のあるドキュメントをWEB上で共有できます。
Googleビデオ
動画共有ができます。
これらのサービスが互いに連携しているため、大変使い勝手の良いサービスとなっています。
GoogleAppsはウェブアプリケーションと呼ばれるWEB上のソフトなので、インターネットにつながる環境であれば、どこからでも利用出来ます。

これだけ便利なサービスが「無料」で利用出来るので、「広告表示」が沢山出るのではと心配される方もいらっしゃるでしょう。
ところが、Yahoo!メールやMicrosoft Hotmailのようなメール本文への広告挿入もなく、WEBメール時にそれほど気にならない大きさの広告欄が表示されるだけで、OutlookやThunderbirdなどのメールソフトを利用すると全く広告に触れることはありません。

(※)2011年よりGoogleアカウントで扱えるほとんどのサービスが、GooglaAppsのアカウントでの運用が出来るようになりました。