Gmail(又は独自ドメインのGoogleApps)を利用するには大きく分けて2つの方法があります。
  1. WEBメールでの利用(ブラウザからGmailにログイン
  2. メールソフトをインストールして利用

どちらも一長一短でどちらを選んで頂いても構いませんが、Gmail初心者はWEBメールでGMAILの操作や機能について慣れた方が沢山の機能を使いこなすのには便利だと思います。



WEBメールでGmailを利用する

メリット
  • Gmailの全ての機能を使える
  • どのPCからも同じ操作画面で利用出来る
デメリット
  • モバイルPCなどオフライン(ネットが使えないとき)に利用出来ない
  • 複数のメールアドレスを一括管理するには
  • PC起動時、ログインしなければならない

メールソフトでGmailを利用する

メリット
  • フォルダ管理が出来る(Gmailのラベルとは別に設定可能)
  • ログインする手間がかからない
  • PC上にメールが残るので、オフライン時にもメール検索可能
デメリット
  • Gmailの全ての機能を使えない
  • 外出時や複数のPCでセットアップすると、既読か未読か解らない
  • ソフトによってはラベルが使えない
私は他にも沢山のメールアカウントを利用しているので、オフィスのメインPCではメールソフトを利用し、自宅や外出時にはWEBメールで管理しています。

なお、メールソフトはOutlook2010・OutlookExpress・WindowsLiveMail・Mac OS X Mail など今まで利用されてきたOS付属のメールソフトでも設定可能ですが、私はThunderbirdでの利用をお勧めします。