«Prev || 1 | 2 | 3 || Next»
Gmailを独自ドメインで利用するのはとてもお手軽な上、高機能なので、とても便利なのですが、GoogleAppsでサイト運営するにはGoogleSitesを使うことになります。
ただ、このGoogleSitesはグループでの情報共有には便利な機能が多いのですが、通常のサイト運営には制限が多く、今ひとつの印象。
そこで、WEBサイトは別サーバーでの利用を検討する方が多いのですが、多くのサーバーは独自ドメインを利用する際に、自サイトのネームサーバー利用を推奨・強制していて、Gmailとドメインを共有することが出来ません。
海外では無料のサーバーでもGmailと共有出来るところも結構出てきているのですが、国内では設定不可能か、サポート外となっているところが多い状況です。

GoogleAppsと同じドメイン利用に問題ないのが、XREA+と、コアサーバー。また、2009年5月より安くて高速で人気が高いエックスサーバーも正式にDNS設定出来るようになりました。

その他国内レンタルサーバーも徐々に対応可能となっているところが増えていますし、海外サーバーの多くは対応出来ます。
詳しくはGoogleAppsとレンタルサーバーを同じドメインで併用するをご参照ください。

CoreserverとXREAは元々Aレコードをサーバーに向け、ドメインウェブの設定をすれば使えるので、Gmailとのドメイン共有を簡単に設定出来ます。

xrea+でのDNS設定例


さくらインターネットは非公式ながら設定できます。

また、サーバーではないが、SEESAAや忍者ブログ、GoogleBloggerなど独自ドメインを設定出来る無料ブログもgmailとドメインを共有出来ます。
Category: Gmail , Blogger
知っていると便利な小技
GMAILのメールアドレスは当然******@gmail.comとなるわけだが、「gmail.com」の部分を「googlemail.com」というドメインにしても、メールはきちんと届きます。

アカウントに「.」や「+」を入れて無限にアドレスを作れるgmailですが、ドメインも複数使えるなんて便利ですねぇ。

元ネタ
Wow! All Gmail Users Are Given Two Separate Email Addresses
Category: Gmail
OutlookなどのメールソフトやYahooメールなどのフリーメールを使ってきた方は「フォルダ」による分類に慣れているので、フォルダ機能がないGMAILを使いづらいと思われる方も多いでしょう。

GMAILには「ラベル」機能があり、これは慣れるとフォルダより使いやすいことに気づくと思います。
ラベルというのは1つのメールに対し、複数付けることが出来るので、「クラブ関係」「未処理」のように付けておけば、「未処理」で検索しても「クラブ関係」で検索しても発見できるのです。
一方、フォルダの場合はどうしても一つのフォルダにしか置くことが出来ないので、「未処理」や「あとで読む」、「要返信」などの付箋を貼るような使い方がしにくいのです。

» 続きはこちら

Category: Gmail
フォルダの階層化に慣れている方は、ラベルが全て並列に表示されることに窮屈さを感じるかも知れません。
ラベルももちろん階層化(ネスト・入れ子)にできるようになりました。
公式ブログ → New in Labs: Nested Labels and Message Sneak Peek
設定は「設定」-「Labs」-「ネスト」を有効にして、ラベル名に「/」(スラッシュ)を付けて階層化しましょう。
例えば、「ホーム」の下に「レシピ」と、「教育関連」というラベルを作りたい場合は、「ホーム/レシピ」「ホーム/教育関連」というラベルを作成すればOKです。

» 続きはこちら

Category: Gmail
Googleを更に便利に利用するなら是非無料のGoogleアカウントを取得してください。

はじめにGoogleにアクセスします。
数秒すると上部にメニューバーが現れるので、一番右の「ログイン」をクリックします。


ログイン画面が表示されるので、「アカウントを作成」をクリックします。

» 続きはこちら

«Prev || 1 | 2 | 3 || Next»

人気コンテンツ
Categories
All
マップ
アドセンス
イメージ検索
ウェブ・サーチ
グループ
Blogger
General
Gmail
Search